toggle

handmade

「売れる写真が撮れるレッスン」 -ハンドメイド作家編-

web shopなどで販売をされている、ハンドメイド作家さんのための
「売れる写真が撮れるレッスン」です。

リビングも、りっぱな「おうちスタジオ」になります。

今回は、身近にあるものだけを使って、商品写真を撮るテクニックを公開します。

目標は「お客さまに伝わる写真」

キレイな写真を撮ることは、とても大切です。

ただ、あくまで「商品の写真」なので
いちばん大切なことは「出来るだけ正確に、イメージが伝わる写真」であることです。

お客さまに、わかりやすく商品の魅力を伝えるには、
「商品写真」「着用写真」「交換パーツ写真(※あれば)」が必要になってきます。

商品を撮るための「場所づくり」

まずは、商品を撮ってみます。

商品撮影用のボックスを買わなくても、
ホームセンターで簡単に手に入るものを使って、
撮影をすることができます。

お店のポップなどに使われている、クリップが付いた棒(名称がわからなくてゴメンナサイ)と、白い画用紙を使います。

クリップに画用紙を挟んで完成です。

画用紙が丸まってしまうときは、マスキングテープで、画用紙をテーブルに固定します。

小物を組み合わせて、空間を演出

画用紙の上に商品を乗せて、撮影していきます。

商品の色や質感を正確に伝えるために、自然光で撮るようにしてください。
(フラッシュは使わず、灯りは出来るかぎり消して撮ってください)

スマホで撮る場合は「フィルター」などはかけず(盛らず)、
明るめに撮れる角度を探しながら撮ってみてくださいね。

そのまま撮るだけでも大丈夫ですが、
余裕があれば、普段使っているお皿やコップ、おうちにある造花などを使って、
「見せたい雰囲気」を作り、お客さまの目に留まりやすくします。

人物は、窓のそばで撮影

着用写真を撮影するときも、出来るかぎり自然光で撮るようにします。
窓のそばに立って、綺麗に撮れる角度を探しながら撮ります。

商品の大きさがわかりやすいよう、
あまり商品をアップにしすぎないよう気をつけます。

忙しい方は・・・

忙しくて、ホームセンターに行く時間のない方は「そのまま撮って絵になる場所」を探してみてください。

例えば、ソファーの上で撮るだけでも、雰囲気がでたりします。

いろんな場所に商品を置いて、ファインダーを覗いてみてくださいね。

ソファの上にお皿と造花を置いて、商品撮影をしてみました。

さいごに

いかがでしたか?

身近にあるものと、小さなコツを知ることで、
「商品の魅力が伝わる写真」を撮ることが出来ます。

すべての項目を実践できなくても、
出来る部分だけで大丈夫ですので、ぜひ、取り入れてみてくださいね!

Special Thanks

東村はるかちゃん(アクセサリー/モデル)

柴田佳菜子さん(アクセサリー)